少しずつ、Output。 | KIMAGURE Blog

少しずつ、Output。


お久しぶりです。
ハヴケイスケです。

なんだか近頃、
Blogという媒体に少し熱が入りそうです。

BlogってBarみたいなモンなのかな?って最近思います。
僕はBarが大好きなんですが、なんで足を運ぶのか?って
そのお店のマスターやその場所で仲良くなったお客さんに会いに行くんです。
お酒を飲むんだったら、自宅でも居酒屋さんでも
素敵なロケーションのレストランでも他の場所でも出来ることだよね。

僕はお酒を飲むっていう目的よりも、
そういうトコを重視してるのをお酒を飲む度に感じます。
考えたらやっぱ「人間」ってヤツに会いに行く。ってのが
お酒を飲む機会を与えてくれてるような気がします。


「人を待つ仕事」そういうお仕事をしている人間は、改めて素敵な人達だな。


そして、Blogもちょっと似てるのかな?って。

流動的に流れる情報じゃなくて、
僕のコトがふっとよぎって、最近何してんのかな?って思い出したことで、
ちょっと気になって、初めてこのBlogにわざわざ飛んでくれるんだと思う。

受け身ですよね。
名前の知らない人を待つ。なんか素敵な気がしてます。

そんな人に向けて、
不規則ではありますがここでしか書かないこと。
みたいなものが書けたらいいな。なんて思ってます。



これくらいの文章量で気ままに感じたことがあったら文章にしていくので、
ここに来てくれた人も気ままに遊びに来てください。

ハヴ



これから書く内容は、SNSと同じ内容で申し訳ない。
どうしても発信したいことがあるんで書かせてもらいます。


3月15日の火曜日。

ライブハウスに限らず古き好き日本の様々なお店「〇〇屋さん」を
音楽やアートをひとつに融合させ新たなライブシーンを作る
クリエイトチーム「音屋 - OTOYA -」。

そんな音屋が2016年の一発目に開催する会場は「風呂屋」。
銭湯LIVEイベント「音屋の風呂屋 - 申年の春 -」を開催します。

今回のゲスト音屋は「GAKU-MC」さんです!



僕が音楽活動の中で特に大切にしている銭湯LIVEに
ガクさんが音楽で参加してくれることになりました。

これも約一年前、応援してくれている皆さんに
ネット投票していただいて
グランプリを獲得してガクさんと共演させていただいて
出逢って繋がったあのご縁がきっかけです。
もちろんガクさんもあの出逢いを
大切にしてくれたからこそ実現する一日。

それが3月15日。
本当にワクワクしてます。

そして、今年の「音屋の風呂屋」は、
空間演出に「キャンドル屋」、「筆文字屋」に加えて、
新たに「絵描き屋」、「マッサージ屋」が参加決定しました。
お風呂場の雰囲気がより異空間になること間違いなし!

席に限りはありますが、
たくさんのご来場お待ちしております。

チケット予約受付は、節分の日(2月3日 午前0時〜)開始です。
【予約チケット受付】https://tiget.net/events/2904[限定50席]




========================================
●イベント詳細

【日程】2016年3月15日(火曜日)
【題名】「音屋の風呂屋 〜申年の春〜」
【会場】東京都 下高井戸月見湯
【時間】開場 18時30分 開演 19時00分
【料金】前売 3,000円(牛乳またはドリンク代込み)当日 3,500円(牛乳またはドリンク代込み)[限定50席]
【出演】戎谷俊太(円人図)/ハヴケイスケ/GAKU-MC(Guest)
【空間】キャンドル屋 トウノワ / 筆文字屋 前田遥水 / マッサージ屋 ラリ / 絵描き屋 瀧元恵之久 / 絵描き屋 hama158cm
【●予約受付サイト】https://tiget.net/events/2904(受付期間 2月3日(節分の日)午前0時〜3月14日 23時59分まで)
【問い合わせ】otoya.group@gmail.com(音屋)
【住所】東京都世田谷区赤堤5-36-16
【アクセス】京王線下高井戸駅・東急世田谷線下高井戸駅 下車 徒歩6分

========================================

photo by havekeisuke
<< 北海道の日々。 | main | 21年ぶりのフラッシュバック。 >>









blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
KEISUKE HAVE
ハヴケイスケ
--------- Photo by Haruyo Ito ---------

>> Links

このページの先頭へ