真夜中、山梨県へ行く前にふと。 | KIMAGURE Blog

真夜中、山梨県へ行く前にふと。

静岡県、沼津で歌った夜のコトを思い出す。
ちょこっとだけ、ずらずらっと書きます。


今年は、特にいろんな地域を回って歌ってるけど、
地元や東京で活躍中のミュージシャンと共演させてもらう事が多々ある。

今年の僕。は特に日本を動き回っているような気がする。
2012年の序盤は、初めて訪れて歌う場所も多く、
当たり前だけど、歌う時は僕のコトをまったく知らない人ばかり。
なので、聴きに来ているのは、
共演する地元のミュージシャンを楽しみに聴きに来る人ばかり。

まったく知らない土地で演奏すれば、もちろん、
まったく知らないミュージシャンの音楽を聴きに来よう。なんて、
誰も思うはずがない。
僕は初めての場所で、僕の音楽を初めて聴く人に対して
今日までの最高のライブをしよう!と意気込んで、
聴いてる人に伝えていくコトがほとんどだった。


そこから月日が経ち、また同じ地域で歌う機会があった時に、
また歌を聴きに足を運んでくれた時の喜びはハンパじゃない。

そうやって、今年の始めから繰り返してきたような気がします。



でも、沼津に初めて足を運んた時に、
その夜のイベントは地元のミュージシャンではなく、
他県から来たミュージシャンばかり。
そして、純粋に知らない音楽を聴きに人が集まっている光景を目にした。
僕の中でスゲー良い違和感を感じた。


そこにはきっと、イベンターさんが長い月日を費やし、
今まで数多くのイベントやそこで培った人脈の中で、
「このイベント、おもしろいんじゃね?」って種を蒔いてきたんだな。って
感じた夜だったのを今でも覚えてます。

音楽と人を通して何かを育てていってるような。
そしてまた少しずつ水をあげようとする人が増えていってる。って
感じた夜だったんだ。


そして、そんな素晴らしい静岡のイベンターさんが、
山梨県、長野県の同志とタッグを組んで作り出したイベントが、

「音の道 project」です。


明日(ってか日が変わってもう本日w)
静岡県を飛び越えて、
山梨県の酒蔵を会場にして、
他県から様々なミュージシャンが集結します。


「今、生きてる場所をそれぞれ飛び越えて、繋がる音楽と人。」
がそこにあるんだな。ってきっと感じるよ。


是非、待ってます!



【題名】「蔵乃音〜KURANONE」
【日程】10月28日(日)
【会場】山梨市:養老酒造 酒蔵 "櫂”
【時間】open 12:00 / start 12:30
【料金】前売 / 当日 3,000yen(1drink込み)
【出演】Asia Sunrise / オグラ&ジュンマキ堂 / KIYOMI(東京)/ チャンティ(山梨)/ 岩崎けんいち(山梨)/ 大石晴士郎(静岡)/ Chama♪(山梨)/ ましゅまろまま(長野)/ トーメ(長野)/ 815-ハチイチゴ-(東京)/ カメレヲン・レコード(山梨)/ ハヴケイスケ(東京)
【チケット発売】予約受付フォーム▷http://www.havekeisuke.com/Ticket.html
【問い合わせ】 : 音の道Project uniawa0207@yahoo.co.jp
【演奏形態】ハヴケイスケ









/////////////////////////次回のパフォーマンス/////////////////////////

〈※その周辺のLIVE情報はコチラ〉
http://www.havekeisuke.com/Live.html



=== 北海道で初の看板FMラジオパーソナリティ開始っ!! ===

毎週水曜日 19:00〜19:30の30分間、
北海道FMびゅー 84.2MHz
ハヴケイスケの『めんこい子には旅させろっ!』
http://fmview.jp/


=== 番外編でゆるゆる生放送番組始めました。 ===

毎週月曜日 21:00〜21:30の30分間、
ハヴケイスケの生放送番組、
「ひとりじゃなにもできゃしない。(仮)」始めました。
http://twitcasting.tv/have_keisuke/show/





◉◉ハヴケイスケの代表曲「ジパング」のPV完成しました◉◉

2011年の夏、日本47都道府県とアジア2ヶ国を
旅してきた本人が撮影してきた映像で綴られた作品です。






============== ハヴケイスケ NEWS!! ==============

旅の集大成。New album全国版「HaRMoNY」好評発売中!

発売元:Wagamama Records/SPACE SHOWER NETWORKS INC.
販売元:SPACE SHOWER NETWORKS INC.
全8曲収録 DQC-873 定価:2,000円

※TOWER RECORDS、HMV、TSUTAYA、Amazon、DISK UNION、
各々のオンラインショップ、iTunes、レコチョクでも
お買い求めになれます。
photo by havekeisuke
<< 30。 | main | 2012年の日々。 >>









blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
KEISUKE HAVE
ハヴケイスケ
--------- Photo by Haruyo Ito ---------

>> Links

このページの先頭へ